先日行われれた「ママと防災&恐竜パズルを組み立てよう!」(10/16開催)のレポートです!

今回のイベントは26人の方に参加していただきました!



イベントは二部制で、最初は東大阪市の西消防署さんからの防災についてお話がありました。(当日はJCOMさんにも取材に来て頂きました。)

地震など災害が起こったときに本当に必要な物は何かなど色々と為になるお話が聞けました。

大阪など都市部では避難所で生活することになっても食料、水がなくなることはないとのことでした。なので、カンパンとかそういう非常食の重要性はあまりないかもしれません。

それよりも長期で体育館で暮らすことになると、衛生面でストレスがたまることが多くなるので、濡れティッシュ、液体歯磨き、簡易の脱衣所など用意しておくといいそうですよ!

あと、体育館で暮らすとかたい床で過ごすことになるので皆、腰を痛めたりするそうですので、キャンプで使うような背もたれ付きの折りたたみのイスがあるとかなり体が楽だそうです。(これは盲点でした!)  



次に西消防署さんに用意してもらった本物の消防隊員が着用するヘルメットや防護服を着ての写真撮影会も行いました。子供たちは皆テンションMAX!大喜びでした。



ちなみに、この背景は協賛していただいた株式会社レザックさんとレザックさんの関連会社の株式会社ITMさんに作成していただきました!ありがとうございました!



その後、第二部は株式会社レザックさんによるハニカムハウジングの説明と段ボール製の恐竜パズルの組み立てイベントがはじまりました!



見本を見ながら、「あ~でもない」、「こ~でもない」と試行錯誤を繰り返しながら、お友達と協力して組み立てていきました!(大人がやっても結構時間がかかる程で、なかなか難易度は高かったです!)



西消防署さんからは消防車のペン立てとシャボン玉をノベルティとしていただき、参加したいただいた皆さんに持って帰ってもらいました。



最後は皆で恐竜のポーズで記念撮影!ご参加ありがとうございました!!