7月25、26、27日に開催された八木先生の「科学体験 かんたん光通信」レポートをお知らせします♪

1日目は「音の振動」と「光のジュース」について実験をしました!

「音の振動」では、普段はいつも聞いてる「音」を、目に見える形でとらえることもできるんだよ!ってことを確かめました♪

糸電話で音の振動を知る
まずは糸電話を使って、音が振動になって伝わるということを確かめました。

音を目でとられると波形になる
次に、音の聞こえ方が違うと「波形」も違うことをパソコン(WebSpectraというソフト)を使って確認しました。

自分の声を波形でみてみる

音が振動になって物をうごかす
最後に紙コップと自分の声で物が振動でふるえて動くことを確かめました。

後半の「光のジュース」では、LEDと紙コップを使って赤、青、緑の光の3原色について学びました!

分光シートで光をみてみる
皆で「分光シート」を使って蛍光灯やLED、外の光をみてみました。

発光ダイオードをつかって光の三原色をしらべる

色を混ぜてどんな色になるか確かめる
紙コップにいれた、色のついたLEDを使って色の三原色について学びました

色を混ぜて確かめる
赤と青を混ぜるとマゼンタ(赤紫色)に、青と緑を混ぜるとシアン(水色)に、赤と緑を混ぜると黄色にそれぞれなることを確認し、赤・緑・青の3色を混ぜると白になることを学びました。